Semalt:CSVファイルとは何ですか?それをWebページに表示する方法は?

CSV(カンマ区切り値)ファイルは、表形式のデータ(テキストと数値)をプレーンテキストの形式で格納するのに役立ちます。このファイルの各行は情報の記録または保存が可能で、各レコードはカンマで区切られた複数のフィールドで構成されています。 CSVファイル形式は標準化されておらず、一部のフィールドには埋め込み引用符が必要な場合があります。そのため、CSV実装にはエスケープ文字とエスケープシーケンスが含まれる場合があります。 CSVファイルを受け入れるすべてのアプリケーションとツールには、区切り文字と引用文字を選択するオプションがあります。

CSVによるデータ交換:

CSVとJSONは2つの一般的なデータ交換形式であり、CSVは特にビジネスマン、アプリケーション開発者、プログラマー、コンテンツキュレーター、およびWebマスターによって使用されます。それは消費者と科学的アプリケーションによって広くサポートされています。 CSVの最も一般的で有名な用途には、互換性のない形式でネイティブに動作できるプログラム間での表形式データの移動があります。たとえば、データベースプログラム(このデータを独自の形式で保存できる)からスプレッドシート(完全に異なる形式を使用する)に情報を転送する場合、作業を完了するためにCSVファイル形式を選択できます。

CSVをWebページに表示する方法

次の2つのツールを使用して、WebページにCSVを表示できます。

1. CSVキット

CSVキットは、インターネット上で最高のユーティリティの1つです。すべてのCSVおよびJSONファイルでの作業に役立ちます。これは、Linux、Windows、およびその他のオペレーティングシステムと互換性のあるフリーウェアです。一般的な構文エラーのあるCSVファイルを検証およびクリーニングできます。このサービスは、UNIX grepとまったく同じように機能しますが、CSVファイルに対してのみ最適化されています。これは、CSVファイルまたは処理しているWebページに基づいてCREATE TABLE SQLステートメントを生成するのに役立ちます。

2. CSVからWebページへのプラグイン

WebページへのCSVは、WordPressプラグインの中で最も便利で便利なものの1つです。 ExcelまたはCSVファイルからWebサイトにコンテンツをアップロードするのに役立ちます。このプラグインをさまざまなウィジェット(サイドバーとフッター)と組み合わせて使用して、作業を完璧に行うこともできます。さらに、使いやすく実装も簡単で、CSVファイルをWebサイトに表示するのに役立ちます。このプラグインは簡単にダウンロードしてアクティブ化できます。完全にアクティブ化してインストールしたら、[設定]セクションからCSVファイルをアップロードし、このファイルのコンテンツを表示するWebページのショートコードを入力するだけです。プロセスが完了すると、CSVファイルが投稿、ページ、サイドバー、またはフッターに表示されます。このプラグインは、ユーザーフレンドリーなインターフェースで最もよく知られており、列ヘッダーに基づいてテーブルコンテンツをソートできます。これを使用して、さまざまなExcelファイルのデータをページに表示したり、より良い方法でグラフや表のページ付けを追加したりできます。

これらのオプションはどちらも、動的データ、CSVファイル、またはExcelファイルをWebサイトに表示する場合に役立ちます。インストールが簡単で、あらゆるタイプのウェブサイトやブログと互換性があります。